転職エージェント

理学療法士の仕事

理学療法士の転職を、より簡単に確実に成功させる唯一の方法とは?

毎日が忙しい私たち理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)は、仕事をしながら転職活動を行うのも一苦労です。

「今の職場は辞めたいけれど転職ってやっぱり不安だし、転職先を探したり書類の準備をしたり、あれこれ考えるのも面倒くさいからもう少し先でいいや!」

という感じで毎日があっという間に過ぎています。これではいつまでたっても現実は変わりません。

ここでは私の経験をもとに、仕事をしながらでも確実にキャリアアップを成功させる転職方法をお伝えします。

そもそもなぜ私たちは、辛くて辞めたいと思ってるのに、なかなか動くことができないのでしょうか。

 

現状維持バイアスが、(理学療法士の)転職を遠ざける?

人間には現状維持バイアスという力が働きます。
今のままでいいんじゃないか」と考えてしまう人間の心理特性です。

未知なる変化を避け、リターン(利益)よりもリスク(損失)に過剰に意識が行きがちであり、よほどの状況でない限り現状を維持したくなる心理です。別れたい恋人との関係をズルズル引きずったり、部屋の掃除をずっと先延ばしにするなどもこれにあたります。

そうすると何もしない方向へどうしても無意識に思考が働きます。これではいつまでたっても今の辛い職場環境からは脱出できません。

 

転職は未知の恐怖ではない!

転職 怖くない

転職は怖くありません。

別に仕事をやめたところで犯罪を犯したわけではないし、逮捕されるわけでもありません。それに会社を辞めても死ぬわけではないですからね。失業保険がありますから、会社を辞めたら即詰みという状況にはなりません。

もし転職が怖かったら、皆一番最初に就職した職場に勤めたままで生涯を終えるでしょう。一生一つの職場にいる人のほうが今は珍しいぐらいです。ということは、皆さん当たり前のように転職しているということです。

ただし、転職活動は一人で行った場合、非常に心身の負担が重いです。

ですから無料で利用可能な転職エージェントを活用し、負担をサポートしてもらうのが良いでしょう。

 

リハビリ転職サイトの情報収集だけでは、どうしてもミスマッチが起こりやすい。

就職活動 サイト情報収集

転職サイトで情報収集することは誰でも行うと思います。リハビリ職だったら「pt-ot-st.net」とか使いますよね。でも考えたことありますか?

就職情報サイトというのは決まった情報しか掲載されていません。ですからこれでは、一方的に提示された情報のみで判断しなければならず、情報が一方通行なのです。あなたが本当に知りたい情報が必ずしも載っているとは限りませんよね。

そんな情報不足のままで、ミスマッチの職場へ就職することのほうが怖いと思いませんか?

また、就職情報サイトに掲載している企業(病院、施設など)は、決まったカタチで必要な情報は提示しますが、マイナスの情報は必要以上に掲載せずに、良い事ばかりを載せる傾向もあるのではないでしょうか?

なぜならある程度そうしなければ、求人広告をかけたところで人が集まらないからです。

 

転職エージェントを使ってミスマッチを防げば、理学療法士として確実にキャリアアップの方向を目指すことができる!

「きれいな病院で職場環境は良さそうだけど、残業はどれくらいなんだろう?」

「この病院、ボーナスは〇ヶ月分って書いてあるけど、最近の実績はどうなんだろう?」

「給与は良いけどリハビリは月何単位以上とかノルマはあるの?理学療法士の離職率はどのくらい?平均の勤続年数は?」

本当のところ、実際ここってどうなの?という細かいところまで、本来面接の場でしか聞けないようなことも、もし企業分析の段階から情報収集できれば、こんなに心強い選択ができることは無いでしょう。

これが実現できれば職場選択の段階でかなりのミスマッチを防ぐことができ、理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)として確実にキャリアアップの方向へ向かうことができます。

その選択を可能にするのが、就職・転職相談のプロ、転職エージェントの存在なのです。

転職エージェントは、企業と私たちの間に入ってくれるので、たとえ聞きづらい質問や情報でも、職場見学や面接の前にしっかりと情報収集することが可能となります。

 

さらに履歴書の自己PRから志望動機、面接対策まで教えてくれるから、転職活動がより簡単により楽になる。

エージェント 相談

転職エージェントは、履歴書や職務経歴書の書き方、さらにはあなたの志望動機や退職理由について、その説明が妥当かどうか、マイナスポイントは無いかどうかなどを客観的にアドバイスしてくれます。もちろん面接の対策も丁寧に教えてくれます。そしてなお且つ、あなたにマッチングする求人を無料で紹介してくれる仲介サービスです。

私の場合は、就職先の情報収集や選定だけでなく、施設見学や面接の現場にも一緒に同行してくれましたし、とても心強かったです。

今まで他業界含め、過去3回の転職活動もすべてエージェントにお任せしています。もし使ったことのない人がいるとしたら、本当にもったいないですよ。

履歴書や志望動機の書き方など、どうしたら良いかネットで調べている人もいるかもしれませんが、自己PRの書き方はもちろん、面接対策まで、アレコレ悩んでいるより全てプロにお任せしてしまったほうが、早くて簡単で楽だし、何より間違いないです。

エージェントとの基本的なやり取りはメール、必要ならば電話といった感じなので、仕事を続けながらの転職活動も捗ります。

ちなみにエージェントとのメールのやり取りはこんな感じです。

ご確認ありがとうございます。日程についてはいつでも大丈夫です。 また履歴書持参とのことで、ご相談があります。 通常は病院の見学、お話を聞いたうえで決断し、応募、履歴書送付の流れになると思うのですが、 見学の際の履歴書持参では、志望動機が曖昧になってしまいます。 その辺も適当に急性期の志望理由など書けばよいのでしょうか。 色々事前に情報は得ているものの実際に見学し確認していないので、動機の部分が弱いのが本音であります。 また、履歴書の志望動機欄は小さい為、別紙A4の紙に、業界の志望動機や、特技、学生時代に取り組んだことなどを 書いた紙をいつも用意しております。 今回の場合はどのように対応したらよいのでしょうか。 ご助言頂けるとありがたいです。

ご連絡を頂きまして誠にありがとうございます。  内容を拝見させて頂きました。 履歴書・志望動機の件ですが、仰るとおりで実際にご覧なっていらっしゃらないので 具体的な内容は何も書けないかと思いますので、 「これからどんな風に働きたいか」 「なぜ病院で働きたいのか」 「その病院でどこに魅かれたのか」 などのイメージで構いませんので、事前に記載頂けたらと思います。  内容が心配でしたら私の方で履歴書添削を行っておりますので、 文言だけをメール等で頂けましたら修正・加筆させて頂きますので、 宜しくお願い致します。

どうですか。上記は私とエージェントとのメールのやり取りです。このように職場見学の相談や、履歴書の添削もしてくれるのです。まさに至れり尽くせりのサービスです。

 

転職エージェントは、真剣に貴方の転職活動をサポートしてくれる!

エージェント 真剣

転職エージェントは、「pt-ot-st.net」などの転職情報サイトには掲載されていない、つまりは表に出ていない独自の優良案件も多数抱えています。いわゆる非公開求人と言われるものです。

そして採用する企業側(病院など)からお金を得ているので、我々利用者の負担はゼロ円です。

ちなみに転職エージェントには、採用が円滑に行われた場合にのみ利益が発生します。

ですから「転職者が採用に至らない場合」は利益が一切発生しないので、それこそ必死、真剣に貴方の転職をサポートしてくれます。

転職エージェントは今のリハビリの職場に在職中でも登録できるので、上手く利用して効率的に転職活動を進めましょう。

転職エージェント利用者の声

 

失敗しない!理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)の転職で、お勧めのエージェントとは?

ちなみにリハビリ業界、理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)の転職エージェントでは、有名なマイナビコメディカル、業界大手の➡メドフィットPTOT人材バンクあたりが登録も簡単で分かりやすく、対応も丁寧なのでお勧めです。

ただし4社、5社と登録してしまうと対応が追い付かず、かえって非効率的になるので注意が必要です。

また、一度今の職場を辞めてから就職活動するよりは、在職中に次を決めてしまったほうが、精神的にも経済的にもラクです。

ただし仕事をしながら転職活動するのは時間の管理も大変ですから、それこそ転職エージェントにサポートしてもらいながら行うことが賢明です。

どうしても時間に余裕が無いのであれば、有給休暇をうまく使って転職活動の日時を確保してやるという手もあります。

ちなみに誤解している人も居るようですが、登録したらすぐに転職活動を始めないといけないわけではありません。

具体的には、どのくらいのスパンで転職活動を行っていくのか、登録した当初に、エージェントと相談することになります。

ですから「1か月で決めたい」でもいいし、「半年くらいじっくり時間をかけて、その間に良い所があれば検討したい」などでもぜんぜん大丈夫です。

転職活動の進め方は、あなたの自由なのです。

転職 希望

いずれにしても現状を変えるには、とにかく現状維持バイアスに負けないで、はじめの一歩を踏み出してしまうことが最重要です。

転職する直前というのは、何回経験しても不安な気持ちになります。

しかし勇気を出して新しい世界に踏み出してみたら、自分はなんてちっぽけなことで悩んでいたんだろうと感じます。

同時に、以前の職場はいかにブラックだったかも実感できますよ(笑)。

あなたの日常、人生は、あなたにしか変えられません。

中身(質)を考えずに、ただ単に転職するだけなら一人でもできるかもしれません。

しかし、マッチング不足で早々にまた転職したくなってしまったら、それこそ本末転倒です。

ミスマッチの無い転職、精神的な負担を減らして、さらにキャリアアップを確実に成功させたいのであれば、自己流の転職活動は控えめに言っても無謀です。

 

有名転職エージェント
➡  マイナビコメディカル

大手転職エージェント
➡  メドフィット  / PTOT人材バンク

 

 

➡【理学療法士の転職】辞めたいと思ったら、辞める前に一度読んでみてください。
➡ 新卒理学療法士の就職先は?就職活動で後悔しない方法とは!
【理学療法士の転職】タイミングを間違え大損!?ベストな転職時期とは?

 

記事が気に入ったら
PT.理学療法士の憂鬱を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

PT.理学療法士の憂鬱

ピックアップ記事

  1. 【理学療法士の将来性】今後は需要が無くなる?
  2. 理学療法士に英語は必要!? 英語が使えないと仕事ができない?
  3. 【太りにくい生活習慣】には、NEAT(ニート)の意識がとっても大事!
  4. 「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?
  5. 【理学療法士の転職】タイミングを間違え大損!?ベストな転職時期とは?

関連記事

  1. 理学療法士の仕事

    私が理学療法士の資格をとった理由。やりがい?仕事内容?

    理学療法士(リハビリ)の仕事に興味があって、進学しようか、資格を取ろう…

  2. 理学療法士の仕事

    新卒理学療法士の就職先は?就職活動で後悔しない方法とは!

    専門学校や大学の最終学年時には、就活(就職活動)が始まりますね。学…

  3. 理学療法士のリハビリあるある

    病院に勤めていて私自身が理学療法士の立場で感じていること

    今日は病院に勤めたての頃に、私自身が感じたことについてお話したいと思い…

  4. 理学療法士 定年

    理学療法士の仕事

    理学療法士は体力的に大変?定年までは難しい?私の本音

    理学療法士になるために年齢制限はあるのかということについて。実際に…

  5. 理学療法士の仕事

    今、訪問リハビリの仕事が熱い! そのメリットとデメリットは?

    訪問リハビリの仕事が今、理学療法士の就業先の中で注目されています。…

特集記事

  1. 転職 タイミング
  2. 理学療法士 彼女
  3. 給料格差

ピックアップ記事

  1. ダイエット
  2. 理学療法士 彼女

最近の記事

  1. 転職 タイミング

PT.理学療法士の憂鬱|SNS

  1. 理学療法士の就職・転職

    理学療法士の転職は、転職サイトからの情報収集だけでは失敗する?
  2. 理学療法士の就職・転職

    理学療法士の年収をコメディカルで比較 逆転の年収アップ方法とは? 2018年最新…
  3. 転職 タイミング

    理学療法士の仕事

    【理学療法士の転職】タイミングを間違え大損!?ベストな転職時期とは?
  4. 給料格差

    理学療法士の就職・転職

    東京の求人にみる、理学療法士の給料格差 えっ?こんなに差があるの?
  5. 理学療法士の給料

    理学療法士の平均月収をコメディカルで比較 2018年最新データ(2017年度版)…
PAGE TOP